Other

BALMUDAの携帯端末は世界戦略の一手になる

こんにちは、ジンです。
いつもありがとうございます。

あのBALMUDAが今度は
携帯端末事業に進出ということで
こんな発表がされました。

携帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)参入のお知らせ

当社として新たな製品カテゴリーとなる携帯端末事業(5Gスマートフォン開発及び販売)へ参入することを決定しましたのでお知らせいたします。

これまで家電事業において培った経験と実績を基に、コモディティ化が進んでいる携帯端末市場においても、バルミューダならではの新たな体験や驚きを提案していきたいと考え、当社として新たなジャンルとなる本事業へ参入するものです。
当社は自社工場を保有しないファブレスメーカーであるため、京セラ株式会社(代表取締役社長 谷本秀夫、京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6)を製造パートナーとして事業を開始します。

今後のスケジュール
販売開始時期 : 2021年11月以降(予定)
*当モデルは、国内通信事業者としてはソフトバンク株式会社のみでの取扱いとなります。同時に、SIMフリーモデルの販売も計画しています。

このスマホ戦国時代が過ぎて
メーカーの淘汰がすすんだ現在

携帯端末事業に参入してくるのには
それなりの覚悟と戦略があるからでしょう。

この携帯端末でも知名度を上げることが
出来れば、他の製品の認知度も上がり
世界中で販路を開拓する一手になり得ます。

しかも携帯端末は多くの人が常に携帯するもの。
それに愛着をもってもらえたなら
ブランド戦略としても大きなアドバンテージを
持つことができ、売り上げもアップ。

搭載OSはAndroidでしょうし
SIMフリーモデルも発売されるとのこと。

どんなデザインで、どんな体験を
もたらしてくれるのか、今からワクワクです。

そもそも携帯端末なので、スマホであるとは
限りません。思い切った機能の絞り込みをし
なにかしらのプラスαの機能をオンしてきたり。

スマホといえば、iPhoneが日本では人気ですが
2台目やサブ機として、準備しても
おもしろいかもと思えました。

1代で終わらせることなく、初代機から
何代も進化して、世界のBALMUDAに
なっていくことを楽しみにしています。

わたしはクリスマスプレゼントを
狙うことになりますかね。

白と黒の手触りのいい材質で
とてもシンプルな端末をイメージ
しながら、この夏を越して行きます。

今日はこの辺で。
最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。